マンションのプロバイダを考えよう

マンションやアパートのプロバイダー契約における注意点

皆さんはインターネットを使っていますか?最近では光ファイバーがすっかり主流となり、マンションやアパートなどの集合住宅では全ての部屋に光ファイバーを導入済の物件も多く見られます。また、マンションやアパートなどの集合住宅で光ファイバーを利用する際、一戸建て住宅よりも安い料金プランが用意されています。それを一つの条件として部屋を契約する人もいるのではないでしょうか?
ここで注意しなければいけない事があります。それはプロバイダー契約です。光ファイバーというのはあくまで回線の事であり、光導入済という謳い文句は「インターネットを利用できる準備がある程度済んでいますよ」という意味です。道路が出来ただけでまだ通る事は出来ないという段階です。実際にインターネットを利用するには環境を提供しているプロバイダーと契約する必要があるのです。道路を利用するために特定の会社と契約し、料金を支払うという事ですね。
プロバイダー契約は提供している会社と個人との契約によるところがほとんどですが、まれにマンションやアパート全体で契約している事もあります。インターネットの利用を前提として集合住宅と契約する時、もしくは既に入居している集合住宅でインターネットの利用を開始する時は大家さんや不動産会社などによく確認し、プロバイダーや回線の契約が重複しない様に注意しましょう。また、マンションやアパートそのものに光ファイバーが導入されていない状態でも光ファイバーの回線に対応している地域であれば導入は可能です。その場合一戸建て住宅としての契約になりますし大家さんや不動産会社の許可が必要となりますので、ここにも注意しましょう。

Copyright 2017 マンションのプロバイダを考えよう All Rights Reserved.